第6回 さいたま市長杯 さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト 応募のお礼


 【料理コンテストのご応募を締め切りました】

12月20日に、「さいたま市長杯 さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト」のご応募を締め切りました。
沢山のご応募ありがとうございました。
Webでご応募いただいた方には、事務局より受付確認のメールをご返信しております。
もし、返信メールが届いていらっしゃらない方はエラーの可能性がありますので、至急事務局までお知らせください。
事務局メール
y-fuku@sozo-saitama.or.jp
担当 福田
今後のスケジュール
■一般部門・給食部門
・入賞者は1月上旬にメールでご連絡差し上げます。
・グランプリ(市長賞)受賞者は1月23日(日)の表彰式にご出席いただきます。
■プロ部門
・本選出場者は1月上旬にメールでご連絡差し上げます。
・1月23日(日)に本選(実技)を行い、当日中に表彰式を行います。


Instagram



イタリアン・フレンチレストランの街 さいたま

さいたま市は「トマト」「チーズ」「パスタ」の1人あたり消費額が日本トップクラスで、イタリアン・フレンチだけでも、市内に200軒以上のレストランがあります。

さいたまのイタリアン・フレンチの特徴は、野菜をたっぷり使ったヘルシーなメニューが多いこと。レストランから畑の距離が近いさいたま市では、新鮮な市内産野菜が手に入りやすいというメリットもあります。

そんなさいたま市で、若手農家がヨーロッパの野菜を栽培し、レストラン向けに流通して地産地消を目指しているのが、

「さいたまヨーロッパ野菜研究会」(ヨロ研)です。


地元シェフたちの要望からはじまった

「イタリアやフランスには、日本では栽培されていない美味しい野菜がたくさんある。本場の野菜を使いたいのに、なかなか手に入れることができない…」

さいたまのイタリアン・フレンチのシェフたちはこんな悩みを抱えていました。ヨーロッパの野菜は高温多湿に弱く、日本の気候ではうまく育ちません。また、作ったとしても知名度が低く簡単に売れないため、日本でヨーロッパの野菜を作る農家はごくわずかしかありませんでした。

「さいたまヨーロッパ野菜研究会」発足

「さいたまでヨーロッパの野菜が作れないだろうか」 こんなシェフの要望から、2013年春に「さいたまヨーロッパ野菜研究会」がスタート。

栽培の難しいヨーロッパ野菜を日本向けに品種改良して、さいたま市内で栽培してレストランに供給する。市内レストランで「オールさいたま産」のヨーロッパ野菜を楽しんでいただくことが目標です。

さいたま市内の若手農家グループ、地元シェフ、種苗会社のトキタ種苗㈱、食料品卸などが協力して、ヨーロッパ野菜の地産地消に取り組みはじめました。

ノウハウのない野菜、最初は苦難の連続

栽培1年目、2年目は苦労の連続です。イタリアと違い、高温多湿で台風もある日本。国内での栽培ノウハウも少ないため、手探りでの栽培が続きます。

1年目に収穫できた野菜はほんのわずか。ようやく出来た野菜も、最初はなかなか食べ方を分かってもらえずに売れ残ってしまいました。

それでも若手農家メンバーがヨーロッパ野菜を作り続けた理由は、実際に野菜を使ってくれたシェフ達が「美味しい! 本場の料理が再現できた!」と喜んでくれたこと、そして、「上手に作れなくて悔しい、もっと質の良いヨーロッパ野菜を作りたい!」という向上心からでした。

 

さいたまが「ヨーロッパ野菜の街」になった

若手農家たちはお互いに栽培のノウハウを情報交換し、年々野菜の品質は上がり、収穫量も増えていきました。また、「ヨロ研野菜」を気に入ってくれるシェフが増えて、取り扱いレストランも1200軒を超えました。

現在は13軒の農家が年間約70種類のヨーロッパ野菜、レストラン用野菜を出荷しています。

さいたま市内の小中学校では、ヨーロッパ野菜を使った給食が大人気。地元スーパーには色鮮やかな野菜が並び、小学校の社会科副読本にも「ヨーロッパ野菜」が登場します。

毎年1月には「さいたま市長杯 さいたまヨーロッパ野菜料理コンテスト」が開催され、県内の若手シェフ達の登竜門となっています。

シェフと若手農家の新たな挑戦が、さいたまのイメージを変えつつあります。

 


おもな受賞歴

外食アワード2016 特別賞受賞

平成28年度 地産地消優良活動表彰 農林水産省食料産業局長賞受賞

イノベーションネットアワード2017 全国イノベーション推進機関会長賞受賞

マイナビ農業アワード2019 優秀賞受賞